- Ashtanga Yoga -

”アシュタンガの父”と呼ばれるティルマラ・クリシュナマチャリヤ師(Tirumalai Krishnamacharya / 1924〜1989)により基盤が作られたアシュタンガヨガ。彼に師事したシュリ・K・パタビジョイス師(Sri K Pattabhi Jois / 1915〜2009)が、90年代より現代社会に合わせて分かりやすくアレンジしたものである。アシュタンガヨガは、運動量の最も多いヨガのスタイル。

アシュタンガとはサンスクリット語で「八本の枝(八支則)」(アシュト/Ashto=八、アンガ/anga=枝)という意味を持つ。

 聖者パタンジャリが『ヨガ・スートラ』というヨガ教典としてまとめ、解説している。

8limbs 八支則

・ヤマ(Yama/禁戒)

・ニヤマ(Niyama/勧戒)

・アサナ(Asana/坐法)

・プラーナヤーマ(Pranayama/呼吸)

・ラティヤーハーラ(Pratyahara/感覚の制御)

・ダーラナ(Dharana/集中)

・ディヤーナ(Dhyana/瞑想)

・サマーディ(Samadi/三昧)
これら八支則を実践するヨガとして、パタビジョイス師によって考案されたのがアシュタンガヨガである。

呼吸と動きを連動させたアサナの練習に献身的に励み、生活の中でヤマ、ニヤマを意識した行いをすることで自分自身の感覚は研ぎすまされ、

集中力は高まり、深い瞑想状態に自然に導かれ、至福の状態に到達することができる。

これが心身の健康を高め、自己実現への道に大きな実りをもたらすというのがこのヨガの教えである。

- Vinyasa Flow Yoga -

アシュタンガヨガから派生。アメリカで生まれたこのスタイルは、ベースであるアシュタンガヨガに自由と創造性を与えたもので、
伝統的なヨガのアサナを呼吸に合わせて流れるようにアサナを行うのが特徴である。

力強く、連続的にアサナを行うので集中力が高まるとともに、深いリラックス効果も得られる。
血流やリンパの流れを促して、インナーマッスルを鍛える効果もある。

呼吸法から始まり、全身をほぐし、整えていく。身体の凝りは解消し、溜まった老廃物は流れ、全身を整えていく。

そして心を癒してくれる。

- Candela Yoga (Yin yoga) -

陰ヨガは、ひとつのアサナを深い呼吸とともに、通常3分から5分間ゆっくりとホールドするヨガ。

筋肉の緊張によって硬くなりがちな腰、背中、骨盤まわりの筋肉よりさらに深い部分にある骨や関節をつないでいる組織に働きかけることで、

股関節や背骨など関節周りの可動域を広げます。体だけではなく心も緩ませ、そして柔軟性を高め、リラックス効果を深く体感することができる。

また陰ヨガは、アサナを長く保つことで自分自身の内面も観察することができる。

​キャンドルの灯りに照らされながら、自分を癒す時間を。